投資や資産運用といえば何を思い浮かべますか?「やっぱFXだよね」とFXを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。FXとは、日本語では「外国為替証拠金取引」と呼ばれる投資方法です。日本円をある外国通貨に両替したり、また日本円に戻したりする取引です。それがなぜ投資になるのかというと、通貨と通貨の交換比率(為替レート)は刻一刻と変動しますから、日本円から外貨にしたときと、外貨から日本円に戻したときに為替レートに差があれば、一度外貨への交換を経由した日本円の値段はもとの日本円の額から変化している可能性があるからです。

たとえば、1ドル=100円のときに、100,000円で1000ドル購入(1000ドルに両替)しておいたとします。これがこの後、1ドル=110円になったときに日本円に戻すとどうですか?1000ドル=110,000円となっており、1万円増えたことになります。元の取引額が10万円でなく100万円だったら、10万円も増える計算になりますね。このように、為替の変動を利用することでお金を殖やすことができるので、FXは人気なのです。

また、FXが人気な理由は他にもいろいろあります。まず、上の例でいうと最初に1000ドル購入するときに、1000ドル支払う必要がないということです。これは差金決済契約というFXの取引の仕組みに理由があります。FXでは、買ったものは売らなくてはなりませんが、逆に最初に買うときには支払いが発生せず、買って売ったときに確定する差額のみ授受します。上の例では1000ドルの取引をして、実際にお金が動いたのは「1万円もらう」というところだけです。損を出してしまったときも差額のみの支払いで良いわけですから助かりますね。

それから、レバレッジといって、倍率をかけた取引をすることが可能なのもメリットです。また上の例で説明すると、1000ドルの取引で利益1万円が出ましたが、このときに倍率を2倍に設定しておいたら、2万円もらうことができていたというわけです。レバレッジは損失額にも同じだけかかりますから、リスクに注意しながら活用すると良いでしょう。

また、外国通貨の中には政策金利が高いものも多く、日本円を保有しているよりも金利相当分をスワップポイントとしてもらうことができるのも、FXの魅力の一つです。通貨ペアを選ぶ際には政策金利も気にしてみてください。

This entry was posted on 木曜日, 8月 18th, 2016 at 12:00 AM and is filed under 外国為替全般. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a reply

Name (*)
Mail (will not be published) (*)
URI
Comment